> >

ダイエット中には積極的に納豆を食べよう。良質な植物たんぱく質と腸に嬉しい善玉菌

納豆

 

たんぱく質は、人の体を作る為に必要な大事な成分です。
筋肉や、髪の毛だけでなく、臓器やホルモン等に至るまで、体の大部分はたんぱく質によって構成されています。ですので、摂取する量が不足すると体がぼろぼろになってしまいます。

スポンサードリンク

 

 

植物性たんぱく質を上手に取り入れよう

特に、たんぱく質が不足すると筋肉の量が減ってしまうため、基礎代謝が低下し、ダイエット効果が下がってしまいます。
ダイエットのために食事制限をした結果、痩せにくい体になってしまっては本末転倒ですね。
しかし、たんぱく質を多く含む肉や乳製品等は、高カロリー高脂肪と言うことで、ダイエット中には避けたい食材。そこで、低カロリーの植物性たんぱく質をうまく利用することで、カロリーや脂肪を抑えてたんぱく質を摂取することが出来るのです。

 

 

オススメは納豆ごはん!

そこでおすすめの食材が大豆です。その中で、今回は簡単に食べられる納豆をご紹介します。
納豆

納豆は、混ぜるだけで手軽に食べることが出来るので、簡単に植物性たんぱく質を摂取することが出来ます。しかも1食あたり約100キロカロリーと、嬉しい低カロリーです。
いくら納豆が大好きな人でも、毎日食べれば飽きてくるもの。そこで、おすすめの薬味をご紹介します。

 

 

定番!かつおぶし

かつおぶしには、たんぱく質だけではなくビタミン、ミネラル等、栄養がたっぷり含まれています。栄養面はもちろん、うまみ成分も含まれているので納豆の美味しさもアップします。

 

 

アンチエイジング!ゴマ

ゴマは植物の種なので、栄養素がたっぷりです。若返り成分のビタミンEもたくさん含まれています。ただ、その分そのままで食べてしまっては、消化不良を起こすので、出来る限りすりごまや練りごまにして摂取する必要があります。

 

 

疲労回復!ネギ

ネギは彩りにもおすすめです。ネギの辛み成分の硫化アリルは殺菌作用もあります。かつおぶしと合わせてかけても美味しいです。

 

薬味を変えるだけで、様々な栄養を取り入れるだけでなく、毎日飽きずに食べ続けることが出来ます。
続いて、納豆を使ったご飯を紹介します。

 

納豆パスタ

バターしょうゆで味付けをすれば、美味しいパスタソースになります。のりをのせれば風味もアップします。

 

納豆チーズトースト

トーストに、たれをかけて混ぜた納豆、チーズをのせるだけで出来る簡単でおいしいご飯に成ります。

 

納豆チャーハン

玉ねぎ、人参、ベーコン等と一緒に納豆を炒め、ライスをなじませたら卵でとじます。納豆好きにはたまらないチャーハンです。

 

ぜひ、いろんな納豆の食べ方を試してみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.