> >

美肌&脂肪燃焼レシピ♪かぼちゃとサバ缶のサラダピリ辛ドレッシング

かぼちゃ
 ほくほくして美味しいかぼちゃは美容効果も抜群。美肌にアンチエイジングに欠かせない食材なのですが、炭水化物もたっぷりで高カロリーなのが悩ましいところ。

スポンサードリンク

 
青魚の脂肪燃焼効果と唐辛子の代謝促進成分の力を借りて安心して美味しくいただきましょう。

 

ピリ辛ドレッシングが美味しい「かぼちゃとサバ缶のサラダ」

材料(4人分) (一人分約170kcal)

かぼちゃ    1/4個
サバ缶       1個
ピーマン      1袋
ミニトマト   1パック
唐辛子       適量
にんにく      1片
オリーブオイル   適量
酢       大さじ3
砂糖      大さじ1

 

作り方

(1) かぼちゃは薄くスライスする。ビーマンは薄く輪切りにする。ミニトマトはへたを取って半分に切る。唐辛子とニンニクは輪切りにしておく。

(2) フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくを入れ、軽く炒める。香りがたったらかぼちゃを加え、両面をこんがりと焼く。かぼちゃを取り出し、ピーマンを軽く炒める。

(3) ボウルにサバ缶を開け、酢と砂糖を入れ、混ぜ合わせる。

(4) (2) とミニトマトを皿に盛り、(3) を上からかけ、唐辛子を散らす。

 

かぼちゃ、サバの栄養と効果

 鮮やかな黄色でほくほくして美味しいかぼちゃには、ビタミンEとβ‐カロテンが豊富に含まれています。ビタミンEは抗酸化作用に優れ、アンチエイジング効果や、シミやしわを予防する効果が期待できます。β‐カロテンは体の中で必要な量のビタミンAに変化するのですが、ビタミンAは皮膚の粘膜を強くしてくれ、美肌作りには欠かせません。ビタミンEはビタミンAが不足するとうまく体内で働くことができません。両方が豊富に含まれるかぼちゃは、美肌作りの強い味方になってくれます。脂溶性ビタミンであるビタミンEとビタミンAは、効率よく摂取するためには油と一緒に調理したいところです。

 でも、カロリーのとりすぎがとても心配。かぼちゃの難点は、そのカロリーの高さ。かぼちゃの煮物4切れ位で白米を軽く茶碗1杯食べたくらいのカロリーになってしまいます。そこに脂質を合わせると、かなりカロリーが高くなってしまいますね。そこで、青魚のパワーを借りたいと思います。テレビでも話題になったサバ缶のダイエット効果を、アンチョビ風に利用させていただきましょう。青魚の油にはDHAやEPAという脂肪酸が豊富に含まれていて、血液をサラサラにし、中性脂肪を減らし、脂肪の燃焼を助ける効果があります。

 ドレッシングに合わせる酢や上に散らした唐辛子、風味付けのニンニクにも脂肪の燃焼を助け、新陳代謝を活発にする効果があります。おいしく食べたカロリーを、しっかり分解して、しっかり燃焼する食材を組み合わせていますから、安心してほくほくの甘いかぼちゃをおいしく食べることができますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.