> >

食べる美容液アボカド和風レシピ♪アボカドとトマト、豆腐の和風サラダ

ダイエット食品
 アボカドは抗酸化作用に優れ、豊富なビタミンとミネラルを含み、まさに「食べる美容液」と呼ぶにふさわしい食品です。ただ嘆かわしいのはそのカロリーの高さ!アボカド1個の可食部分のカロリーは230kcalにもなってしまうのです。

スポンサードリンク

 
ただ、その高カロリーの素となっているオレイン酸には優れた抗酸化作用があり、美と健康を保つうえで欠かせません。それでは調理方法を工夫して、カロリーを抑えていただくことにしましょう。

 

カプレーゼ風アボカドと豆腐の和風サラダ

材料(4人分) (一人分約150kcal)

アボガド               1個
トマト                1個
絹ごし豆腐              1丁
青シソ               12枚
落花生(殻つき)           40g
醤油               大さじ2
わさび                少々

 

作り方

(1) アボカドは半分に切って種を取り除き、皮をむいて1㎝幅に切る。トマトは半分に切って1㎝幅の薄切りにする。シソは茎の部分を切り取る。豆腐は縦半分に切り、1㎝幅に切る。落花生は殻をむき、荒く刻む。

(2) お皿に豆腐、トマト、アボガド、青シソの順に並べて盛り付ける。

(3) 醤油・わさび・刻んだ落花生をよく混ぜ合わせ、(1) の上にかける。

 
 アボカド・トマト・青シソをイタリア料理のカプレーゼのように並べ、わさび醤油をかけただけのシンプルな一品ですが、トマトやアボカドから豊富なビタミンを、豆腐からは蛋白質を取り入れることができるバランスの取れたメニューです。カロリーも、一人分150kcalと低めですね。アボカドは独特の青臭い風味がありますが、この料理では豆腐のまろやかさと、青シソのさわやかな風味、落花生の香ばしさがアボカドの風味と調和して食べやすくなっています。

 

アボカド、トマト、青シソ、落花生の栄養と効果

 また、アボカド、トマト、青シソ、落花生という組み合わせは、美容効果でも抜群の調和を発揮するのです。抗酸化作用の高い食品の代表選手アボカドとトマトの共演というだけでも大変贅沢な組み合わせです。トマトの美容成分の主役であるリコピンには、シミ・しわの予防効果や美白効果が期待される成分ですが、効率よく体に取り入れるためには油と一緒に調理するのが効果的です。そこで登場するのがアボカドのオレイン酸。油脂であるオレイン酸がリコピンの吸収を高めてくれるのです。また、オレイン酸自体も抗酸化物質です。アボカドとトマトはともにビタミンCの含有量が高く、美容効果、抗酸化作用効果ともに相乗効果が期待できます。

青シソにはβ‐カロテンが豊富に含まれ、肌の粘膜を強くしてくれます。鉄分も多く含まれていて、貧血予防にも効果的です。シソ特有のさわやかな香りには高ぶった神経を穏やかにする効果もあるので、忙しくストレスと戦う女性の味方ですね。

落花生にはアボカドと同様にオレイン酸が多く含まれています。またビタミンEも豊富に含まれています。ビタミンEは数あるビタミンの中でも特に美容効果が高く、若返りのビタミンと呼ばれています。ビタミンEは脂溶性なので、アボカドの油脂や落花生自身に含まれる油脂で吸収されやすくなっています。また、落花生には蛋白質も多く含まれているため、代謝を高める効果もあります。

 とてもシンプルですが、美と健康のオーケストラのような一品です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.