> >

ダイエット中にもしっかり食べられちゃう豚もも肉おかずレシピ3種

フライパン
ダイエットのさまたげになるものとして、お肉を挙げる人はまだまだ多いですよね。もちろん、お肉は取りすぎればカロリーも高いですが、良質なたんぱく質でもあるのでダイエット中も上手に食べたいものの一つです。

スポンサードリンク

 
特に豚肉はカロリーが高いのではないだろうかと思う人が多いのですが、もも肉はカロリーが低いことで有名なんですよ。それに脂肪燃焼にも効果があるというL-カルニチンが含まれており、きちんと選んで食べることでやせ体質を作り出すことも可能なんです。

 

1. 油控えめ豚もも肉のしょうが焼き

まず、豚もも肉で作りたいダイエットレシピの一つがしょうが焼きです。カロリーダウンさせるためには、豚肉の下味をつける段階でサラダ油を絡めておくことです。先にサラダ油を加えておくだけで炒める時の油をカットすることができます。肉汁を逃すことがなく、しっとりと仕上がるので普通のしょうが焼きと大差ありません。また、油をからめて焼くことで、時間がたっても肉がかたくならずにすみます。お弁当にも使える便利レシピです。

 

2. お弁当にオススメ豚もも肉とピーマンのオイスターソース炒め

お弁当によさげなレシピとしては、豚もも肉とピーマンのオイスターソース炒めもお手軽レシピといえます。オイスターソースにニンニクのすりおろしを加えることでカロリーは抑えつつもパンチのある味わいになるので、食べた気になります。炒めるピーマンやもやしなどの野菜は先に電子レンジで加熱しておくことで、たれとのからみもよくなります。もちろん、余分な油を使わずにすみますし、もやしとピーマンの歯触りを残すことができるんです。

 

3. 野菜がたっぷり摂れる豚ももロール焼きいろいろ

また、長さがある豚もも肉ならではの食べ方として、たっぷりの野菜を巻いて食べるロール焼きです。セロリやにんじんをたっぷり合わせた香味野菜の豚ももロール巻きなら、見た目もきれいですし、サラダ菜でくるっと巻いて野菜もいっぱい摂取できます。

えのきと万能ねぎの組み合わせは、香りも食感も満点で、大根おろしをつけてたべても美味しいですよ。

甘辛いたれをからめるために、豚肉には小麦粉を薄くつけるのがポイントです。ちょっとがっつり食べたい日は、かぼちゃ1切れを豚肉で巻いてそのうえにチーズをのせると濃厚なおかずになります。

カロリーを抑えるために、しっかりと蒸し焼きにするのがポイントです。下味にカレー粉を使うことで必要以上に調味料を使わなくてすみます。

いずれの豚もも肉巻きも、食卓に出す時に、サニーレタスやベビーリーフを下にしくことで、より一層野菜を摂取することができ、満腹感を感じることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.