> >

腹持ちが良いからダイエット中にもオススメ「もちもちじゃがいも」

じゃがいも
今回はダイエット中でも、美味しく食べられるジャガイモを使ったレシピを紹介したいと思います。

ジャガイモはビタミンCが豊富で、加熱してもビタミンCが壊れないのが特徴です。
なので、ビタミンCを補うには最適の食べ物。

スポンサードリンク

 
しかも腹持ちが良くて、主食としても用いられているのでダイエット中の強い味方になってくれます。

 

実はダイエットの強い味方だった!ジャガイモの栄養

ビタミンCだけでなく、ビタミンB1も多く含まれています。
ビタミンB1の摂取によって、体内の糖質が使われやすくなるため脂肪を体に溜めない様にすることができます。

他のビタミンやむくみの予防になるカリウムも含まれていて栄養がたっぷりつまっています。

そんなじゃがいもを使って今回作りたいのは、もちもちの食感がとってもおいしい、ジャガイモのポン・デ・ケージョもどきです。

ノンオイルで作るのでとってもヘルシーです。そして今回は、小麦粉を使わないで米粉を使います。

米粉がない場合は、もちろん小麦粉にしてもらってもOKですし米粉の分量をすべて片栗粉にしてしまっても大丈夫です。

少しだけ、食感に違いが出てしまいますので、そこだけはご了承くださいね。

では早速、作っていきましょう★

 

ノンオイルで作る「もちもちじゃがいも」レシピ

材料(8~10個分)

じゃがいも 150g
米粉 20g
片栗粉 40g
塩 少々
ベーキングパウダー 0、5g
お水 60cc~

 

作り方

1、 じゃがいもの皮をむき、8等分してゆでます。
 ゆでたジャガイモはマッシュして塩を加えて冷ましておきます。

2、 米粉と片栗粉とベーキングパウダーを混ぜ合わせます。

3、 1と2をあわせて、粉っぽさが残らないようにしっかりと混ぜてください。
 ここで、粉っぽい部分があると仕上がりが美味しくなくなるので注意しましょう。

4、3にお水を少しずつ加えます。
  生地がやわらかすぎると丸めることができませんので調整しながら入れてください。

5、手で好きな大きさに丸めます。
 8~10個はできると思いますが、大きめサイズがいいという人は6個でもいいと思います。

6、オーブンを200度に余熱します。
  オーブンに並べて15分焼いたら完成です。

 

冷めてからが美味しいもちもちじゃがいも

焼きたてよりも、少し冷ましておいたほうが美味しさがUPします。

食べるときはアルミホイルにくるんで温めて食べてください。
もちもちでとっても美味しいです。

お好みで生地に粉チーズを入れてあげると、もっとポンデ・ケージョっぽくなります。

とろけるチーズを丸めるときに入れるのもいいかもしれません。
とにかく全体の半分はじゃがいもでできていますから、太り気味のお父様のおつまみにもぴったりですし、子供のおやつにもオススメです★

ぜひお試しください♪

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.