> >

ダイエット中でもOK♪低カロリークリームパスタ・ハンバーグの作り方

ハンバーグ
ダイエットをしている時は、なるべくパン食よりもごはん食の方がいいっていいますよね。小麦粉で作られたものは消化が早いので満足感が持続しないと言われています。

スポンサードリンク

 
もちろん、ごはんは腹持ちがいいので、ダイエット中にはお世話になりたいものですが、大好きなパンやパスタなども我慢することはありません。要するに食べ方やレシピを工夫すれば、満足のいく主食として食べられます。

 

クリームパスタをカロリーダウンさせる方法

例えば、パスタの中でもカロリーが高いとされているクリームパスタですが、パスタの分量を50g程度にすることで大幅なカロリーオフを実現することができます。もちろん、その分玉ねぎやキャベツといった野菜を増やして具だくさんにすることで食べごたえのあるものにします。

また、クリームソースにはバターや小麦粉といった高カロリー食材が満載ですが、生クリームを豆乳に変えるだけで低カロリーになります。大豆イソフラボンもとれますし、女性にとってはホルモンバランスを整えるのにも最適です。さっぱりとした味わいになるのも普通のクリームソースとは違う味わいが楽しめます。しかし、豆乳はカロリーが低いといっても、牛乳などに比べてカロリー自体が格段に低いわけではないので、使いすぎには要注意です。

 

ハンバーグをカロリーダウンさせる方法

カロリーの高いものを野菜に切り替えるだけで、しっかりとダイエットレシピになるものといえば、人気の高いハンバーグなどもその一つです。カロリーが高くなってしまうのはひき肉の量が多いせいです。従って、ひき肉の量を減らしてその分野菜のみじん切りで補うとカロリーを抑えることができます。香味野菜のクレソンを加えると、味わいも深まりますし、肉の生臭さが減るのでおすすめです。

それと、ダイエット中のハンバーグは焼き方もポイントです。普通にフライパンに油をひいて焼くのではなく、オーブンで焼くと余分な油を落としてくれます。そして、ハンバーグソースも、ノンオイルのものにすれば、さらにカロリーをダウンすることが可能です。たれにも野菜を加えてみたり、レモンを添えることによって、彩りも増すので美味しそうに見えます。量が少ないのをカバーしてくれるのが野菜だと心得て、ふんだんに野菜を使うレシピを作れれば、ダイエットは成功したも同然です。

 

魚はダイエット中のお助けメニュー

また、お肉料理を食べるのもいいですが、脂肪分の少ないタンパク質として魚を食べることも忘れないようにしましょう。特にお刺身は脂肪分が少なくて低カロリーです。何事もバランスが重要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.