> >

お酢を使った常備菜で体脂肪を燃やせ!ピクルスメニューいろいろ

ミニトマト
 毎日仕事で帰りが遅くなってしまう……。家についたらもうへとへとで、ご飯を作る気力もない。という方、多いのではないでしょうか。全力で仕事に打ち込んだら、それは疲れ切ってしまいます。けれど、食事をおろそかにしてしまうと、代謝が落ちて疲れやすくなるだけでなく、太りやすくなってしまうという、恐ろしい悪循環に陥ってしまうのです。

スポンサードリンク

 
 最近なかなか疲れが取れない、という方は要注意。代謝が落ちて太りやすい体になってきてしまっているかもしれません。そこでおすすめなのが「お酢を使った料理」です。お酢というと、ツンとしたあの香りと味に苦手意識を持たれる方もいるかもしれません。けれど、味付けのコツさえつかんでしまえば、食欲も増しますし、さらに代謝を上げてくれるので体脂肪が燃焼されやすい体に導いてくれるのです。

 お酢を使った手軽な料理というと、思い浮かぶのは「ピクルス」。ピクルスと言っても、要はお酢を使ったつけ汁に野菜を漬け込めばできてしまう常備菜です。冷蔵庫に数種類常備しておけば、どんなに疲れていようと、自分で手作りしたダイエット食が食べられます。

 では早速ピクルスのレシピをご紹介します。

 

「なます風ピクルス」の作り方

材料

大根・・・1/2本
人参・・・1/2本
塩・・・適量
米酢・・・2カップ
砂糖・・・大さじ2杯
白だし・・・適量

 

作り方

1、 大根と人参は皮をむいて千切りにし、塩もみして余分な水分を抜いておく。

2、 鍋に米酢、砂糖、白だしを入れて弱火にかけ、砂糖を溶かす。

3、 2の砂糖が溶けたら、火を止め、容器に入れて粗熱を取る。

4、 1の野菜の水分をギュッと絞り出し、3の液に入れて最低一晩漬け込んだら出来上がり。

 

ミニトマトとモッツァレラのピクルス」の作り方

材料

ミニトマト・・・1パック分
モッツァレラチーズ(一口サイズのもの)・・・1袋
白ワンビネガー・・・2カップ
塩、こしょう・・・適量

 

作り方

1、 ミニトマトはヘタを取り、水でさっと洗っておく。

2、 モッツァレラチーズはざるにあけ、水気を切っておく。

3、 容器に白ワインビネガーを入れ、塩、こしょうで味を整えておく。

4、 1と2を3に入れて、最低一晩漬けて出来上がり。

 
 ピクルスは通常1週間は持ちます。少し余裕のある時に作っておくだけで、疲れた夜の食事に最適です。しかも、お酢は毎日摂りつづけることで、代謝が徐々に上がっていき、体脂肪が燃焼されていくだけでなく、美肌効果も期待できます。さらに、疲れにくく脂肪もつきにくい体へと変わっていくでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.