> >

押切もえの魚料理レシピをアレンジ♪白身魚のソテーとラタトゥイユ添え

料理
 女性であれば誰もが憧れるファッションモデル。驚くほど細いのに、程よく筋肉がついた、女性らしい柔らかなラインには、ため息が出てしまいますよね。では、彼女たちはどんなものを食べて、あんなにきれいな体型を維持しているのでしょうか。

スポンサードリンク

 
 キャンキャンモデルとして一世を風靡し、現在はアネキャンで活躍中の、押切もえさん。小説家としてデビューも飾り、ファッションモデルだけでなく多彩な才能も開花させ、女性としての魅力も増しています。彼女のブログには、しばしば手作りの食事がアップされています。驚くべきは、その料理の腕前!豪華な料理がテーブルを彩っているではありませんか!モデル業やタレント業に忙しいはずなのに、頻繁に台所に立ち、自炊をされているのです。

 そんな押切さんの手作りメニューには、野菜がたくさん使われています。サラダももちろん作られているのですが、魚のメインディッシュの付け合わせや、煮込み料理にも野菜が顔を出しています。
 そんなカリスマファッションモデル・押切もえの日常のレシピから、魚料理をアレンジしたレシピをご紹介します。

 

「白身魚のソテーとラタトゥイユ添え」の作り方

材料

白身魚・・・1切れ
塩、こしょう・・・適量
バター・・・大さじ1/2杯
ズッキーニ・・・1本
なす・・・1本
トマト・・・2個
ニンニク・・・1片
オリーブオイル・・・適量
コンソメ粉末・・・適量

 

作り方

1、 ラタトゥイユから作っていく。ズッキーニ、なす、トマトはそれぞれ2センチの角切りにしておく。ニンニクはみじん切りにする。

2、 鍋にオリーブオイルを入れ、1のニンニクを入れて弱火で香りを立たせるように炒める。

3、 香りが立ったら1の野菜を入れて、油を絡めるように炒める。

4、 油が回ったら、野菜が浸るくらいの水を入れ、コンソメ粉末を入れ、しばらく煮込む。

5、 野菜に火が通ったら、塩、こしょうで味を整え、火を止めておく。

6、 白身魚のソテーを作る。白身魚に塩、こしょうをふっておく。

7、 フライパンを熱しバターを溶かしたら、6の魚を入れて焼き色をつける。

8、 片面の焼き色がついたら、裏返し、もう片面も焼き色を付ける。

9、 魚の中まで火が通ったら火を止める。

10、5のラタトゥイユをお皿にもり、9の魚のソテーをのせて出来上がり。

 
 実は押切さんは白身魚ではなく、鯛をソテーしていました。色鮮やかでおいしそうでしたが、手軽に手に入る白身魚で代用してみました。きれいなあの人のブログをのぞいてみると、日々の食生活から、きれいのヒントが見つかるかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.