> >

脂分の吸収率を下げる野菜レシピ♪王道キャベツサラダ&簡単ピクルス

サラダ
 お腹がすいているときの状態と、お腹がいっぱいの時の状態では、どちらが食べたものの吸収率が良いと思いますか?吸収率というのは、食べたものに含まれる栄養素が100とすると、そのうちのどのくらいの量の栄養素が吸収されるか、という吸収効率のことです。この吸収率、空腹時の時の方が高く、お腹が一杯の時は緩やかに吸収されていくのだそうです。

スポンサードリンク

 
 糖尿病の患者さんに良く指導される食事の時の注意があるそうです。それは、「まず、サラダから食べる」ということ。サラダに含まれる食物繊維がまず胃と腸に入ることで、そのあとに入ってくる栄養素の吸収が緩やかになるのだとか。つまり、サラダを食べた後に、とんかつを食べても、脂分などの吸収は緩やかになるので、一気に吸収され、体脂肪になることがほとんどないのだそうです。

 食べる量を減らすダイエットはつらい。だからと言って運動を頑張るのもしんどい。だけど痩せたい!というワガママさんにおすすめなのが、この、食べる順ダイエットです。お腹がすいた、というときにまず胃に入れる物をきちんと考えるというだけで、確実に体のラインは変わっていくはずです。
 今回は、まず食事の前に食べたいサラダのレシピをご紹介します。

 

王道のサラダ「キャベツの千切りサラダ」の作り方

材料

キャベツ・・・1/4個
人参・・・1/5個
ミニトマト・・・1個
オリーブオイル・・・適量
塩、こしょう・・・適量

 

作り方

1、 キャベツ、人参は千切りにする。ミニトマトは半分に切る。

2、 1の野菜をお皿に盛り、オリーブオイルに塩、こしょうをふり混ぜ合わせたものを回しかけて、出来上がり。

 

「簡単ピクルス」の作り方

材料

カリフラワー・・・1/2個
大根・・・1/4本
人参・・・1/5本
きゅうり・・・1/2本
米酢・・・2カップ
白だし・・・適量
塩・・・適量

 

作り方

1、 カリフラワーは人房ずつに切り分ける。大根、人参は皮をむき、棒状に切る。きゅうりも皮をまだらにむき、棒状に切っておく。

2、 鍋に湯を沸かし、塩を入れて1のカリフラワーを入れて、軽く湯がく。

3、 さっと火を通したらざるにあげて水気を切る。

4、 深めの保存容器に、米酢、白だし、塩を入れ、味を整え、1の野菜と3のカリフラワーを入れて、最低一晩漬けて出来上がり。

 
 食前には、できるだけ生野菜を食べるようにすると良いそうです。ピクルスは常備菜としても重宝します。お酢が代謝を上げてくれるので、ダイエットをより効果的にサポートしてくれるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.