> >

栄養バランス満点でダイエットに最適!フライパンひとつで作る旅館の朝食

鍋
 ダイエットに効果的な食事。それは、炭水化物、脂質、タンパク質といった栄養バランスの取れた食事です。理想的のメニューとしてしばしば取り上げられるのが、「旅館の朝食」。旅館の朝食では、ご飯に味噌汁、焼き魚に小鉢が2~3個、海苔や納豆もついています。こうした品目では、炭水化物、タンパク質、脂質、そしてビタミン、ミネラルといった栄養素がすべて摂れるのです。しかし、ご飯やみそ汁はともかく、これだけの品目を毎日作るのは大変です。

スポンサードリンク

 
 旅館の朝食の小鉢などがフライパン一個で作れてしまうとしたら、負担は少し減ると思いませんか?品目数は多いですが、フライパンをうまく利用してしまえば、あっと言う間にたくさんの品をそろえることができるのです。
 今回は、フライパン一個で簡単に作れる、バランスの取れたメニューをご紹介します。

 

◇和風の朝食メニュー
・雑穀米ご飯
・油揚げの味噌汁
・鮭の塩焼き
・きゅうりとタコの酢の物
・キャベツとワカメ、サクラエビの和え物
・冷奴

 

「雑穀米ご飯」の作り方

材料

白米・・・2合
市販の雑穀・・・1袋(あくまで目安です。表示の量に従ってください。)

 

作り方

1、 白米を研ぎ炊飯器のジャーに入れ、雑穀を入れ手でかき混ぜる。混ざったら2合炊き分の水を入れる。スイッチオン。炊きあがれば出来上がり。

 

「油揚げの味噌汁」の作り方

材料

油揚げ・・・1/2枚
乾燥ワカメ・・・一つまみ
味噌・・・ティースプーン山盛り2杯
白だし・・・ティースプーン1杯

 

作り方

1、油揚げは軽く湯通ししてから、細切りにする。

2、フライパンにお椀一杯半分の水を入れ、白だしを加えて火にかける。

3、ふつふつと煮立ってきたら、乾燥ワカメ、1を入れて火を通す。

4、乾燥ワカメがふやけたら、味噌を溶かし、火を止めてお椀によそい、出来上がり。

 

「鮭の塩焼き」の作り方

材料

塩鮭・・・1切れ
ごま油・・・小さじ1杯
しょうゆ・・・少々

 

作り方

1、塩鮭はあらかじめ塩抜きをしておく。

2、水分を拭き取り、熱したフライパンにごま油を敷き、1の鮭を入れて焼いていく。

3、片面に焼き色がついたら、裏返し同じように焼き色を付ける。

4、両面に焼き色がついたら、もう一度裏返し、火を弱火にして鮭の中まで火を通す。

5、焼きあがったらお皿にもり、しょうゆをたらして出来上がり。

 

「きゅうりとタコの酢の物」の作り方

材料

きゅうり・・・1/2本
タコ(刺身用)・・・3枚
米酢・・・小さじ1杯
白だし・・・小さじ1杯
みりん・・・小さじ1杯
塩・・・適量

 

作り方

1、きゅうりは皮をピーラーでむき、ななめ薄切りにして塩もみして余分な水分を絞り出す。

2、タコは1枚を半分に切っておく。

3、ボウルに米酢、白だし、みりんを混ぜ合わせ、1と2を入れてよく絡め合わせて、器に盛り出来上がり。

 

「キャベツとワカメ、サクラエビの和え物」の作り方

材料

キャベツ・・・1/8個
ワカメ(水に戻したもの)・・・一つかみ分
サクラエビ・・・一つまみ
しょうゆ・・・適量

 

作り方

1、フライパンで沸騰させたお湯にキャベツを入れて、5分ほど茹でる。

2、茹であがったら冷水にさらし、水気をよく絞って一口サイズに切る。

3、サクラエビは大さじ1杯の水にさらして、出汁を取る。

4、3からサクラエビを取り出し水を絞って、2と混ぜ合わせる。

5、4のサクラエビの出汁にしょうゆを入れて味を少し濃いめに整える。

6、4のキャベツとサクラエビに5の出汁を加えて和え、器に盛って出来上がり。

 

「冷奴」の作り方

材料

豆腐・・・1/2丁
かつお節・・・一つまみ
しょうゆ・・・適量

 

作り方

1、 豆腐を器に盛り、かつお節としょうゆをかけて出来上がり。

 
いかがですか? 少し深めのフライパンを使えば、焼くだけでなく、茹でる、煮るといったことも簡単にできるのです。きちんと作らねば、と肩を張らずに、フライパンで気軽に作ってみてください。毎日続けることが、ダイエットへの第一歩です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.