> >

タンパク質とミネラルが豊富♪お麩で作るヘルシーお好み焼きレシピ


ダイエット中でも良質なタンパク質を摂る事は大切です。タンパク質は人間が生きていくのには欠かせない大事な栄養素。タンパク質をきちっと食べるようにするのは健康を維持していく上では重要なことなんです。
でも体重を減らしたいとなると、やはりカロリーの面も気にしなければいけませんよね。

スポンサードリンク

 
これから数回に渡ってダイエットに向いているカロリーが控えめのタンパク質を使ったレシピをご紹介していきたいと思います。

 

栄養分豊富なダイエット食材「お麩」

という訳で、早速ですが今回は植物性のタンパク質である“お麩”を使ったレシピ。

お麩は高タンパクでありながら脂肪分が少なく、ダイエット中の女性にとって強い味方になってくれる食材なんです。
タンパク質の他に、カリウム、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、リン、鉄分、亜鉛などが含まれていますので、その点でも見逃せませんよね。

そんなお麩を使ったお好み焼きのレシピをご紹介します。

 

「お麩のお好み焼き」の作り方

1. まずボールにお麩20グラムを適当に砕いて入れ、麺つゆの素とお湯を合わせたもの1カップ分をボールに入れお麩を浸します。(20分ぐらいでお麩がやわらかくなってきます)

2. 次に市販のお好み焼き粉を大さじ2杯分入れ、やわらかくなったお麩となじませます。
これが生地のベースとなるので、柔らかすぎたり、かたい感じがしたら粉を足したりお湯を足したりして調整してください。

3. 次にキャベツ3枚分をあらみじん切りにして、お麩とお好み焼き粉の入ったボールに入れます。

4. その上に桜えび大さじ1杯、卵1個を順に載せたら、全体がなじむようにスプーンで混ぜます。この時混ぜすぎないことと、生地→キャベツ→桜えび→卵という順番がお好み焼きっぽい食感を出すためのポイントになります。

5. テフロン加工のフライパンに油を少々ひいたら混ぜた生地を広げていきます。火加減は弱火から中火の間がベストです。生地の表面が乾いてきたらひっくり返し時です。

6. 両面が焼けたらお好み焼きソースとカロリーが控えめのマヨネーズ、かつお節、青のりをかけて完成です。

このレシピ、桜えびの代わりにイカやほたてを使っても良いですし、生地にネギを足すとまた美味しく頂けるんです。

 

ヘルシーだけど満足感の高いお麩のお好み焼き

ダイエット中にお好み焼きなんて……!と思っている方も多いかもしれませんが、このレシピならお麩を使う事で粉が少なくて済みますし、キャベツを使っているのでお野菜も摂れるのでとってもヘルシーなんですよ。

食べた!という満足感も得られるレシピなので、ぜひ試してみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.