> >

便秘解消にオススメ♪おからパウダーを使って作る「おからベーグル」

タブレットを見ながら料理をする女性
最近おからを使ったダイエットが流行っているみたいです。

スポンサードリンク

 
モデルさんでおからダイエットに挑戦している人も多いみたいですね。
本屋さんに行くと、おからレシピの本もたくさんありました。

 

おからにはどんな栄養分があるの?

おからは皆さんもご存知のとおり、大豆のしぼりカスです。
食物繊維がとても豊富で、同じく食物繊維が豊富といわれているごぼうの食物繊維の約2倍も含まれているとされています。(100gあたり)

食物繊維は、生活習慣病予防や、便秘の解消にも役立ちます。
国民の栄養摂取量の調査で、食物繊維の摂取量は不足していると言われています。
意識しないとなかなか摂取できません。

また、おからにはカルシウムも多く含まれているので骨粗鬆症予防も期待できます。

 

日持ちするおからパウダーを活用して

おからの調理方法で頭に浮かんでくるのは、卯の花煮だと思います。
卯の花煮は、しっとりしていて美味しいですが、嫌いという人もいるかもしれません。

今回は、食物繊維豊富なおからを卯の花煮以外の調理で沢山活用できるように、レシピを考えてみました。

おからですが、生のものは日持ちがしないので、もしお近くにイオンがある人は、トップバリューのおからパウダーを購入すると便利です。
またはネットでもおからパウダーが購入できますので一度調べてみてください。

生のおからの場合は、電子レンジでチンして水分を飛ばせば少し日持ちのする自家製おからパウダーが作れます。

では、おからパウダーを使って、早速パンを作ってみましょう。

 

食物繊維たっぷり♪おからベーグル

おからパウダーでベーグルを作ります!!

 

材料(4個分)

強力粉     200g
おからパウダー 30g
水       130CC (粉の種類により変わるので、調整してください)
ドライイースト 3g
スリムアップシュガー  3~4本
塩       4g

 

作り方

1. ホームベーカリーがある場合は、生地コースでこねまで行って下さい。

 自分でこねる場合は、ボウルに粉、おからパウダー、塩、スリムアップシュガーを入れて軽く混ぜ、真ん中に少しくぼみを作り、イーストを入れます。

 イーストめがけてお水(できれば37度くらい)を入れてダマにならないように木べらで混ぜてください。
 まとまってきたら、台に取り出してこねます。
 叩いて、こねてを繰り返し行ううちに、弾力のある生地になります。
 指で押して戻ってくれば生地は完成です。

 
2. チャック付きの袋に生地を入れます。
 そのまま冷蔵庫に入れて発酵させます。
 そのまま、35度くらいのところで40分程度発酵させても大丈夫です。

 

冷蔵庫での発酵方法は、作業を2日に分けてパンを作ることができるので、時間がなくてもパン作りが楽しめて、オススメの方法です。
冷蔵庫に入れている時間はだいたい8時間~10時間を目安にしておいていただいたら大丈夫です。

冷蔵庫の種類によってや、季節によって若干変わる可能性はあるので、そのあたりはご了承ください。

冷蔵庫に入れている間は、発酵がゆっくり進むため過発酵の心配はそれほどないと思います。

 
冷蔵庫から生地を取り出したら、続きの作業をしましょう!

 
3. 冷蔵庫から生地を取り出したら4つに分けます。
 4つに分けたあと、軽く丸め、濡れ布巾をかぶせて5分程度置いておきましょう。

 
4. 生地を成形します。
 ベーグルの成形は少し難しいですが、ネットなどで検索すると細かく説明してありますので、参考にしてみてください。

 ポイントは輪っかにするときに繋ぎ目をしっかりとめることです。
 ここが緩いと、茹でた時に離れてしまいます。

 成形は、はじめに丸い生地を楕円形に伸ばして、端からクルクル細長い棒状に巻いていき、しっかり綴じ目を閉じてから、片側だけ先をつぶします。
 スプーンのようなカタチになります。
 これで、両はしをつないで、輪っかにします。

 
5. 生地が完成したら、天板に並べて、濡れ布巾をかけて発酵させます。
 生地が1.5倍くらいに大きくなったらOKです。

 
6. 底が厚めのフライパンにお湯を沸かします。
 この時、ベーグルに艶を出すためにはちみつを大さじ1杯くらいフライパンに入れておいてください。
 同時に、オーブンを200度に余熱しておきましょう。

 
7. お湯が沸騰したら中火にして、ベーグルを入れていきます。
 片面およそ30秒くらいで両面茹でて、水気をよく切って天板にのせます。

 
8. 余熱の完了したオーブンに、天板を入れて、200度で15分程焼きます。
 きれいに焼き色がついたら完成です!

 

おからベーグルの美味しい食べ方

出来上がったベーグルですが、とってももっちりしていておからの甘さも感じられるし、ボリュームもあります。

1つ食べたらお腹がいっぱいになります。

ヘルシーにサンドイッチにしても良いですし、デザート風にクリームチーズで食べても美味しいです。
クリームチーズの代わりに、ヘルシーなカッテージチーズ(特に裏ごしがオススメです)を塗ってもとっても美味しいです。

最近は、カロリー控えめのジャムも沢山ありますので、クリームチーズとジャムの組み合わせも美味しいです。

 

余ったベーグルを美味しく食べる方法

もし、ベーグルが余ってしまったら冷凍も可能です。
その場合は、しっかりとラップに包んで保存袋に入れて冷凍しましょう。

硬くなってしまったら、ベーグルラスクや、ベーグルフレンチトーストにもできますので、こちらも試してみてくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.