> >

高野豆腐で作るダイエットレシピ。カロリー大幅ダウンとんかつ、ヘルシーそぼろ丼

高野豆腐

 

油や砂糖をなるべく少なくして、栄養をバランスよく摂れる高たんぱくな食事がダイエット食の理想です。しかし、タンパク質をたくさん含む肉類は脂質も多めですし、栄養価を考えると、たくさんの食材を食べなければいけないので、ダイエットは難しいです。

 
しかし、そんな理想を叶えてくれる食材があるのです。
それが「高野豆腐」です。

スポンサードリンク

 

 

高野豆腐の栄養

高野豆腐には良質なたんぱく質が多く含まれています。卵や肉類と変わらない栄養価の高い食材ですが、脂質や糖質が少なくダイエットには最適の食材です。

 
カルシウムを多く含むのも特徴で、ダイエットで食事制限をすると不足しがちなカルシウムをしっかりと補う事ができます。
美容だけでなく、コレステロールの調整や中性脂肪の上昇を抑制する働きもあり、美容のためのダイエットから、健康維持のための減量にまで役立ちます。

 

 

高野豆腐のとんかつ

(1)高野豆腐は60度のたっぷりのお湯を含ませ、粗熱が取れたら、きつく絞って水気を切ります。

 
(2)薄切りの豚肉に塩コショウで味付けをします。

 
(3)高野豆腐を半分か4分の1の好みの大きさに切り、肉を巻きつけます。

 
(4)小麦粉・卵・パン粉をまぶして、油であげたら完成です。

 
見た目はしっかりとんかつで、歯ごたえがしっかりあり、満足できる一品です。
肉に下味をしっかりつけておくことがポイントです。

 
揚げ物は控えたいという方は、フライパンで焼いて、醤油・砂糖・みりんで甘ダレを作って絡めても美味しいです。シソや海苔などを巻くと、アクセントになり薄味でも楽しめます。

 

 

高野豆腐のそぼろ丼

(1)高野豆腐は60度のたっぷりのお湯を含ませ、粗熱が取れたら、きつく絞って水気を切ります。

 
(2)チョッパーに入れてそぼろ状にします。

 
(3)フライパンに醤油・みりんを同量入れて、高野豆腐を炒め煮にします。

 
(4)水分がなくなるまで良く炒めたら完成です。

 
ひき肉を少し加えると、肉らしさが強まります。ゴマや鰹節などを入れると、香りが出てより美味しいです。卵と炒めると、卵のそぼろになり違った味を楽しむことができます。

 
そぼろにした高野豆腐はハンバーグなどに入れることで、カロリーを抑えたハンバーグになります。
含め煮といった和風の食べ方が主な高野豆腐ですが、工夫をするとグラタンや唐揚げなども作ることができ、ヘルシーで食べ応えのあるダイエット食になります。

 
ぜひ色々な食べ方を見つけてみてください。
高野豆腐なら、お腹いっぱい食べることができるので、ダイエットを楽しく続けられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.