> >

置き換えダイエットの定番「脂肪燃焼スープ」の作り方と意外なメリット

フライパン
置き換えダイエットというと、特別なダイエット食品を用意しなければならないと思っていませんか?

スポンサードリンク

 
味気ないダイエット食品や同じ味のものをずっと食べ続けるのはちょっと辛い、おなか一杯食べられないのがダメ!という方にオススメしたいのが脂肪燃焼スープでの置き換えダイエットです。

 
お世話になっているサイト「女子リキ」さんで夜中に食べてもOKなダイエットスープレシピまとめも参考になりますので宜しければご覧くださいね。
http://joshi-riki.jp/archives/728
おすすめですよ☆
 

脂肪燃焼スープダイエットとは?

これは通常の食事の代わりに6種類の野菜で作る野菜スープを食べるというダイエット。普通の置き換えダイエットと違ってこのスープならいくら食べてもいいので、おなか一杯食べたい!という人にも嬉しいダイエットです。

 

脂肪燃焼スープの作り方

作り方も簡単です。用意する野菜はたまねぎ3個、キャベツ半分、トマトの水煮缶1缶、セロリ1本、ピーマン1個、ニンジン1本、そしてミネラルウォーター2リットル。だしとして、鶏がらスープの素かチキンコンソメ、好みで昆布やかつお節を足してもOKです。塩を加えるなら天然塩を選びましょう。

野菜はすべて食べやすい大きさにカットし、水とだしを入れます。水が少なくなってきたら、適宜加えて好みの濃度、野菜の固さになったら火を止めて、最後に塩を加えて味を整えます。食べる直前にしょうがのすりおろしを加えるとさらに脂肪燃焼パワーがアップし、体がポカポカ暖まるのを実感できるでしょう。この量で6~7回分でき、1回作っておけば数日持つというのも簡単でいいですよね。

 

脂肪燃焼スープ置き換えダイエットのやり方

ダイエットの方法はこのスープを食事と置き換えて食べるだけ。好きなだけ食べていいので、少ない量の食事では我慢できないという人にも最適です。落としたい体重によって、夕食だけ置き換えてもOKですし、本格的に痩せたいという場合は3日間程度続けて、昼食・夕食にこのスープを食べてみてもいいでしょう。数キロオーバーしてしまった体重を元に戻したいというような場合は夕食の前にこのスープを飲んで、食事のカロリーを抑えるだけでも効果があります。

 

便秘解消にも的な脂肪燃焼スープ

この脂肪燃焼スープは便秘がちな人にもオススメ。飲みはじめてからすぐにびっくりするくらいお通じがスムーズになったという人もいるほどです。便秘がちで肌がいつも荒れ気味、ニキビに悩まされているという人もこのスープを飲むと改善されることが多いのだとか。

 

味付けを変えて飽きない工夫を

何日か飲んでいると飽きてくることがありますが、そんなときは味噌や醤油、カレー粉などをプラスして味をアレンジしてもOKです。味を変える場合も油は使わないようにしましょう。実際に作ってみると、和風ミネストローネといった感じでおいしくいただけます。

また続けていると、薄味に慣れてきて、味覚がリセットされます。濃い味や脂っこいものを食べたいと思わなくなるという声もあり、コレステロールや糖分が気になる方にもオススメです。時間をかけてゆっくり健康的に痩せたいという人は一度試してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.