> >

電気の刺激で脂肪は燃焼する?マッサージ系ダイエット器具の嘘・本当


 
ダイエット器具として特に女性に人気が高いのが、電気により筋肉を刺激する器具や、ローラーなどによる刺激で老廃物を排出するというマッサージ系器具です。
ダイエットに加えて、美容効果も期待して利用している方が多いですが、効果としてはダイエットよりも、マッサージによる美容効果の方が高いようです。

スポンサードリンク

 

マッサージ系ダイエット器具の効果は?

例えば、電気による器具の場合、「電気刺激によって、筋肉を動かし脂肪燃焼を促す」というイメージがありますが、電気刺激によって筋肉を動かしても脂肪燃焼効果はありません。

筋肉は脳からの電気信号で動いているため、外から電気刺激を送ることでも収縮させることができます。そのため、無意識に運動していることになり効果があると思われがちですが、こうした電気刺激では健康に運動が可能な人が筋肉を鍛えるほどの収縮にはなりません。電気刺激で有効なのは、骨折などで長期間運動を制限されていた場合や、寝たきりで筋肉を動かす機会が少ない場合です。こうした場合には、電気刺激によって筋肉を収縮させることことで筋肉が動かなくなることを予防することができます。
健康な人にとっては筋肉の強化にはならないのです。例え筋肉が動いたとしても、局部的であり全身運動にはならないため、脂肪を燃焼させることはできないのです。

 

マッサージ器具で脂肪は燃焼する?

また、美顔ローラーのようなマッサージ器具でも、「脂肪細胞を押しつぶして、血液中に脂肪を押し流して排出することができる」などのイメージが横行していますが、脂肪を燃やしたり脂肪を押し流したりする効果はありません。

こうしたマッサージ系のダイエット器具には、「脂肪燃焼効果」はありませんが、確かに、マッサージ後はマッサージした部分がすっきりした感じがすると思います。見た目にもサイズが変わって細くなることもあります。これは、脂肪が消失したからではないのです。電気刺激による器具でもローラーなどの器具には、「血行促進」の効果があります。血行が良くなることで、体内の余分な水分が移動し、マッサージした部分が細くなったように見えるのです。

 

脂肪は老廃物ではない

血液循環が正常であれば、体内の老廃物は体外に排出されます。カラダの中の「老廃物」というのは、代謝によって生まれるカラダに不必要な物質のことを言います。例えば、アンモニア・二酸化炭素・食物のカス・皮脂などのことをさします。こうした老廃物は血液によって、腎臓や肺や腸などに運ばれて、尿・便・呼吸・垢などによって絶えず排出されるようになっています。しかし、血液循環が滞ると、こうした代謝活動も低下し、老廃物が体内にたまりやすくなります。

ここで、注意したいのが「脂肪」は老廃物では無いということです。脂肪は、エネルギー生成の主成分であり、保温や体調維持管理に欠かすことができないもので、カラダによって不要なものではないのです。そのため、余分な脂肪はマッサージによって血行を良くしても体外に排出されにくく、脂肪細胞に蓄えられることになります。こうして蓄えられた体脂肪は、有酸素運動によって分解・燃焼する以外には減らすことができないので、マッサージ器具で押しつぶしても絞っても無くなることはありません。

 

血行を促進することで期待できる効果

マッサージ系のダイエット器具による血行促進は、便秘や発汗作用の低下、むくみなど血液循環の悪化による症状の改善に役立ちます。

むくみは、運動不足や筋肉の疲労により筋肉の働きが弱くなったり、血管の働きが弱ったりした際に、体内の循環が不十分になり不要な水分が過剰に細胞内にたまってしまう状態のことを言います。
加齢によっては、腎臓機能の低下や静脈弁の異常などがむくみの原因となることがありますが、多くの場合には、筋肉の働きの低下が原因です。ひどくなると、むくみによってスタイルが崩れるだけでなく、神経を圧迫して脚や手に痛みやしびれなどの症状を引き起こし、内臓の機能を低下させることもあります。

血行が悪くなり、むくみや便秘が日常化すると、体重も減りにくくなり、お腹がぽっこり出たり、ふくらはぎが太く見えたり、スタイルにも影響があります。
そうした時に、マッサージ系のダイエット器具を利用すると、血行促進により代謝を促し、むくみをはじめとする様々な症状を解消することができるのです。ボディラインがすっきりして、便秘解消や肌の老化防止などにも効果があります。

 

下半身をスッキリさせるふくらはぎのマッサージ

マッサージを行う際は「ふくらはぎ」がおススメです。ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれ、下半身の血液循環を担う重要な筋肉なのですが、女性はハイヒールをはいていたり、デスクワークが多かったりすることで、ふくらはぎの運動が不十分で、下半身の血行が悪くなっていることが多いのです。そこで、器具を使ってふくらはぎをマッサージすると、下半身から全身の血液循環が改善しやすくなるのです。

ダイエットの目的が「脂肪燃焼」である場合には、マッサージ系のダイエット器具は適切ではありません。むくみの解消や運動による疲労回復、日々のセルフケアなどに用いると非常に有効です。
マッサージを実施するのは、入浴後など身体が温まっている時が効果的です。目的を明確にして利用してみると良いと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: ダイエット器具

Comments are closed.