> >

ダイエット効果がぐっと高まる器具(マシン)・ウェア・靴の選び方

ダイエット成功
 
特別な器具を使用しなくてもダイエットを成功させることは可能ですが、器具を利用することでさらに効果を高めたり効率をアップしたりすることができます。
ダイエット器具には、量販店で販売されている自宅で簡単に利用できる器具や、スポーツクラブに設置されているような大型の器具など、様々な種類があります。

スポンサードリンク

 
数多くの器具の中から、どのような器具を使ったらいいのか迷うことがあると思いますが、大体が下記の4つに分類されます。

 

さまざまなタイプがあるダイエット器具

有酸素系ダイエット器具

有酸素運動を行うことができる器具で、ランニングマシン(トレッドミル)やエアロバイクなどがあります。
肥満の解消や、体脂肪を減らしたい人におススメです。他にも、基礎体力を高めるためにも取り入れることができます。

 

筋力トレーニング系ダイエット器具

スポーツクラブに設置されているトレーニングマシンや、ダンベル・バーベル・チューブなどが代表的です。筋力トレーニングを行うための器具です。
身体を引き締めてスタイルを良く見せたい人におススメです。

 

バランス系ダイエット器具

バランスボールやバランスボード、骨盤クッションなどです。不安定な状態を作り出すことで、トレーニングの難度や強度を上げたり、筋肉の動員量を増やしたりすることができる器具です。
トレーニングをより効果的に行いたい、自宅で手軽に筋肉を刺激したい、身体のバランスを整えたいなど、幅広い目的で利用することができます。

 

マッサージ系ダイエット器具

電気マッサージ機器や美顔ローラーなどの器具です。マッサージの効果が高く、血行促進に役立ちます。
むくみが気になる場合や、トレーニング後のケアに有効です。

 
こうした器具の中から、ダイエットの方法や目的に合った器具を選ぶことで、より効率的にダイエットを成功させることができます。

 

ダイエット器具を使うメリット

ダイエット器具を使うメリットは、正しく利用することで、大きな効果を得やすくなるところにあります。また、器具の購入はダイエットのモチベーションを高めることにつながり、継続しやすくなります。
ただし、中には過大な効果が謳われている器具が販売されている場合もありますので、気をつけましょう。特に「寝ているだけ」「貼るだけ」「巻くだけ」など、簡単さをアピールしている器具には注意が必要な場合が多いです。「楽さ」を基準に選ぶと失敗することが多いです。目的をしっかり理解して、安全で使いやすい器具を選ぶようにしましょう。

 

ダイエット器具のデメリット

器具のデメリットとしては、やはり価格にあると思います。購入するにしても結構高額な商品もありますし、スポーツクラブなどに通うのも会費が必要です。お金をかけて効果が出なかったら……と不安もあると思います。そんな時は、身近にあるものを活用してみましょう。

 

お金をかけなくてもトレーニングは可能!

必ずしも、高額なダイエット器具を購入したり、スポーツクラブに通ったりする必要はありません。ウォーキングやジョギングは、器具を利用せずに行えますし、筋力トレーニングも「自重」といって、自分の体重を負荷にして行うことで、何も使わず全身のトレーニングを行うことが可能です。

器具を利用する場合でも、身近なもので十分に代用できる器具もあります。
例えば、屋内で行う有酸素運動として、家の中にある階段などの段差を利用することで、踏み台昇降を行うことができます。段差の幅が大きいほど負荷が高くなります。
また、ペットボトルはダンベルの代わりになり、筋力トレーニングに利用することができます。水や砂を入れることで重さを調整して、自分の体力に合わせてトレーニングを行うことができます。

このように、よく考慮して取捨選択すると、無駄な買い物をせずにすみます。

 

これは揃えておきたい!運動の際の必須アイテム

ここで、ダイエットのために運動をする時に、必ず揃えておいた方が良いアイテムを紹介します。それは、「ウエア」と「靴」です。
ウエアと靴は、しっかり選ばないとその後の運動継続に大きな影響があります。デザインで選ぶのも良いですが、機能をしっかり把握しておきましょう。

 

ウエアは季節によって変えて

ウエアの生地は、吸汗速乾で風通しが良いものや保温に優れたものなど様々です。季節や気候に合わせて変えなければいけません。また、首や袖口などきつくないか、運動時に擦れたりしないかなども確認しましょう。

 

意外に重要な靴選び

靴も必ず運動に適したものを選んでください。古い運動靴は底がすり減っていたり、生地が弱くなっていたりして、着地の時の衝撃を十分に吸収できないことがありますので、新調した方がいいでしょう。特にへん平足、外反母趾足、O脚など、もともと脚にトラブルがある人は、購入時に専門店で相談してインソール(中敷き)などの購入を検討するのが理想です。足のトラブルは、膝や腰などにも影響があり、痛みが発生した場合運動の継続に支障をきたします。

快適な状態でダイエットを継続させるためには、ケガや痛みなどのトラブルをなるべく回避しなくてはなりません。そのためには、安全な器具選びをする必要があります。その最初のポイントは、ウエアと靴選びなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.