> >

むくみにも脂肪燃焼にも効果!脚痩せのためのスクワットの正しいやり方


細くてきれいな脚は誰もが憧れますが、なかなか理想の脚を手に入れることはできないですよね。脂肪が溜まってしまいブヨブヨだったり、筋肉が衰えてたるんでいたり、むくみでパンパンだったり……脚の悩みは色々と多いのです。

スポンサードリンク

 
これらの悩みをスッキリ解消して「理想の脚」を手に入れるためには、筋肉をつけることが必要なんです。

 

脚痩せには筋肉を鍛えることが必須!

むくみ解消も、脂肪燃焼も、「筋肉」が解決してくれます。
筋肉にはカラダを動かす働きだけでなく、筋肉を動かすことで血液を流すポンプ作用となるため、動くことで全身の血行が良くなるのです。また、血液の中に流れている脂肪をエネルギーとして使うので、筋肉を使えば使うほど脂肪が燃えます。

運動の中では、筋力トレーニングよりも有酸素運動の方が脂肪を燃やす効果が高いのですが、筋力トレーニングをしておくことで、効率良く脂肪を使うことができるカラダになります。筋力トレーニングをしておくと痩せやすいカラダを作ることができるということです。

特に脚は、大きな筋肉です。鍛えておくと基礎代謝も脚やせ効果も上がるので、ぜひトレーニングしてみてください。

ここで紹介するのは、ムキムキの筋肉をつけるためではなく、スリムな脚のラインを作るための筋肉の鍛え方です。

 

スクワットのやり方

頭と背中を壁にぴったりとつけて、足は壁から1歩くらい離れて立ちます。

椅子に腰かけるように膝を曲げていきましょう。
この時、頭と背中を壁から離さないように気をつけます。

太ももが床と平行になるくらいまで膝を曲げます。
きつければ、曲げられるところまで曲げましょう。

ゆっくりと元の姿勢に戻ります。
この動作を10回繰り返します。

 

スクワットは脚やせの基本トレーニング

スクワットは脚やせの基本となるトレーニングです。運動の経験が少ない方は、まずはこれだけでも挑戦してみると良いと思います。
動作中は、太ももの前やお尻の筋肉を使っていることを意識しながら行うようにしましょう。
動作はゆっくりでもいいので、1回ずつ確実に行うようにすると、しっかり効果があらわれます。ただし、途中で休憩などを入れないようにしましょう。1度始めたら、決めた回数を終わるまでは、途切れることなく動作を続けてください。

トレーニングに慣れてきたら、回数を増やしたり、少しずつ種目を増やしたりすると、トレーニングの効果がアップします。
楽に感じるようになったら、トレーニングの強度をアップするタイミングです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.