> >

あなたの筋肉、良質ですか?脚痩せできないもうひとつの意外な理由

013
立ち仕事やデスクワークに従事されている方の中には、とにかく脚がだるいと訴える方が多いという話を耳にします。

スポンサードリンク

 
ですが、これは当然のこと。
というのは、成人の身体の約60%は水分で占められているといわれており、その水分は重力に従い、時間の経過とともに身体の下へ降りて行くからなんです。

 

むくみは早めの改善が鍵!

つまり、朝目覚めたときには快適な状態であったとしても、長時間の立ち仕事やデスクワークにより、どんどん水分が下方へ下がり、それが脚のだるさをもたらすということ。
いわゆる「むくみ」の状態を作り出すということです。

このような状態になってしまった場合、最も有効な手段はリンパマッサージにより、リンパの流れと血流をよくすることですが、就寝時にバスタオルや毛布などを足首の下に敷いておくことでも、翌朝にはある程度「むくみ」の状態を改善することができます。

「むくみ」は、放置しておくとセルライトを作り出す原因ともなりますので、早い段階で改善を行っておく必要があります。

 

ハードな運動が痩せることの邪魔をする!?

ところが、別の理由により脚がだるくなってしまったり、太くなってしまったりすることがあるんです。
それは、「筋肉の硬直」が原因となって起こります。

「筋肉の硬直」が原因なら、それをほぐすエクササイズを行えばいいんじゃない?

はい、確かにそれも正解です。
ただし、それが有効なのは「むくみ」によって脚に水分が溜まり、なおかつ短期間のハードな運動などで起こった「筋肉の硬直」に対する対処法です。
では、長年をかけて筋肉を成長させてきた場合、エクササイズごときでは筋肉をほぐすことなんか無理?

 

食事制限だけではセルライトは消えない!

それではここで、私の体験談をお話させて頂くことにしましょう。
私は幼少期からクラシックバレエのレッスンを受けてきて、中学3年生までは太るということを知りませんでした。
ところが!
高校受験に差しかかり、レッスンを続けながら受験勉強に突入すると、あれよあれよという間に、太ももがなんと!57センチになってしまったのです(ちなみに現在では太ももの周囲は47センチです)。
それは、受験勉強という口実で摂取していた夜食が原因でした。
つまり、カロリーオーバーとなっていたわけです。

この時期の私の太ももはセルライトだらけ……。
そして、悩んだ私は高校に入学するや否や、食事制限によるダイエットを決行しました。
でも、セルライトは消えてくれない。
そこで私は、美容に関する書籍を読みまくり、”あること”を知ったんです。

それは、ただでさえ筋肉が目いっぱいついているところへ持ってきて、さらにレッスンを行うことにより、食事制限を行ったとしても「筋肉の硬直」が邪魔をして、セルライトを落すことが難しいという事実でした。
つまり、その当時の私の筋肉は柔軟性を持った優良な筋肉ではなく、セルライトにより圧迫された不良な筋肉を蓄えていたということなんです。
これにはショックでした。

 

硬直した筋肉を柔らかい筋肉に変えるために

そこで私が考えたこと。
それは、週3回受けていたレッスンを、ひとまず1週間だけお休みしてみようということでした。
ところが、1週間程度では私の筋肉にはなんの変化も現れなかったため、思い切って1か月間、レッスンをお休みしてみたんです。
さらに、お風呂では我流の「揉みほぐしマッサージ」を行ってみました。
そして、これが功を奏しました。
私の筋肉はみるみるうちに柔らかくなり、食事制限の効果も現れ、あっという間に太もものセルライトは少なくなって行きました。

 

筋肉がガチガチなら、いったん運動を止めてみて

それ以後、私は脚痩せをはじめとするさまざまなダイエットに取り組んできましたが、「筋肉の硬直」にだけは神経質なくらい気を配っています。

あなたが現在、ガチガチの筋肉のせいで脚痩せに苦労しているというのであれば、いったん運動を止めてみるというのもひとつの方法です。
カロリーオーバーな食事の摂取はもってのほかですが、エクササイズを行う前に、ひとまず柔らかい優良な筋肉を手に入れることが、脚痩せへの最短距離となる場合もあるのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.