> >

その方法じゃセルライトは消せない!本当に効くボコボコ肌解消法とは

女性の足
 
 男性よりも皮下脂肪の多い女性には大きな悩みにセルライトがあります。ヒップや太腿裏の凹凸は触ってみても、実際に見ても、見栄えが悪いものですよね。セルライトが気になってしまい、好きな服を着られないというのはとてもつらいことです。

 でも実は「セルライト」が何なのか知らない人がたくさんいます。
 セルライトとは何なのか、詳しく説明します。

スポンサードリンク

 

セルライトって、何?

 実は「セルライト」は医学用語として存在しません。医学的な視点からみると、私たちが「セルライト」だと思っているものは「肥大化した皮下脂肪」です。
 エステやサロンのホームページ上では、セルライトが様々な言い方で説明されています。
例えば

 
・セルライトは、老廃物の塊
・セルライトは、老廃物とコラーゲンが固まったもの
・セルライトは、老廃物やリンパ液が固まったもの
・脂肪の塊
・脂肪と水分が溜まったもの

 
など、他にも様々な説明をされます。でも、これはどれも間違いです。もし本当にリンパ液やコラーゲンが体の一部に溜まってしまったり、固まってしまったりしていたら、病院に行って適切な治療をする必要があります。でもセルライトに悩んでいるひとの悩みは見た目であって、健康上の問題ではありませんよね。エステやサロンが「セルライト」と判断するには、あくまで「外見上の特徴」でしか判断されないのです。

 

医学と美容では解釈が異なるセルライト

 セルライトという言葉は1973年にフランスで生まれたと言われています。世界的なエステサロンの経営者であるニコール・ロンサード氏が自身の著書で「セルライト」について執筆し、その本がベストセラーとなったことで美容業界を中心に幅広く広まりました。日本には1996年頃から広まり始めた、歴史が浅い言葉です。

 現在もセルライトについて研究をしている医療関係者・研究者がいますが、医学的観点からみる「セルライト」は「肥大化した脂肪細胞」という認識であり、「健康的な組織である」と見解が主流です。ですからセルライトという言葉は、医学的に存在しないのです。そして冒頭の「老廃物の塊」などと説明される特別な脂肪は、存在しないことが確認されています。

 では、多くの女性が気にしている「セルライト」とはいったい何なのでしょうか?
 これはダイエット・美容業界が率先して使用している言葉であり、医学的立場からとは違った見方をします。
 医学的には、セルライトは肥満が原因で脂肪細胞が肥大化したものであるという立場です。もともと女性には皮下脂肪が多く、またヒップや太腿には皮下脂肪がつきやすい場所であるからです。これを解消する為には、食事制限と適度な運動が効果的であるといいます。

 一方で美容業界的には逆に、セルライトは頑固に固まった脂肪であるという認識が主流です。皮下脂肪の中でも「特殊な脂肪」なので、落とすためには様々な努力が必要だというのです。

 このように「セルライト」という言葉は、人によって解釈が非常に難しいものなのです。
 でも、セルライトがどのようなものであれ「セルライトをなくしたい!」という気持ちは同じです。
 どうしてセルライトは落ちにくいのか、どうしたらセルライトがなくなるのかを考えていきましょう。

 

セルライトがなくならない理由

 食事制限をしたり、ヨガやピラティスを取り入れたりしてもセルライトがなくならないという意見をよく聞きます。上半身は痩せて肋骨が浮いている・腹筋が見えるほど痩せているのに、おしりのセルライトだけがダイエット前と変わらないという悩みも多いです。

 セルライトは医学的に普通の脂肪だといわれているのに、セルライトだけがなくならないというのは変な話ですよね。でも実はそこに、ダイエット失敗の罠が隠れているかもしれません。
 それはセルライトに悩んでいる人が実践しているダイエットが食事制限が主であるということです。

 酵素ダイエットやプチ断食などカロリーを制限するダイエットはその手軽さが魅力です。最近は胃の中で膨張するタイプのダイエット補助食品も多くでているので、実践・継続しやすいのです。
 でも、食事制限を主にするダイエットには大きな罠があります。
 人体は脂肪よりも先に筋肉を分解して栄養にする点です。

 セルライトは脂肪ですから、燃焼するためには筋肉が必要です。しかし、摂取カロリーが減ると、人体は筋肉を分解してエネルギーにしていきます。そうすると体からは脂肪を燃やしてくれる筋肉がなくなり、脂肪だけが残ってしまうのです。当然、セルライトもそのままです。
 肋骨が浮いているという人は、アンダーバストの周辺に皮下脂肪がつきにくいから上半身だけ痩せることがあります。腹筋が見える人も同様です。
 下腹部やヒップ、太腿は元々皮下脂肪がつきやすい場所ですから、筋肉が足りなければその脂肪量に対応しきれません。
 結局、食事制限だけに頼ったダイエットでは、セルライトを減らすことが難しいのだといえます。

 でも希望はあります。
 ヒップや太腿にはハムストリングスなどの大きな筋肉があります。筋肉が大きいということは、脂肪燃焼力も高いということです。
 セルライトが気になる場所で衰えている筋肉に喝をいれたダイエットにも挑戦してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.