> >

下半身太りは骨盤の歪みが原因かも?!骨盤前傾・反り腰チェック

腰
 
 下半身ダイエットについて考える時に欠かせない要素は、筋肉と骨盤の関係です。
 女性の場合は男性よりも皮下脂肪がつきやすく、月経・妊娠・出産のために骨盤が歪みがちです。「安産型」というと聞こえは良いですが、すらりと引き締まっていて加齢によるたるみを感じさせない体型に憧れる人も多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 
 開いている骨盤を閉めると、下半身のサイズダウンに繋がることは事実です。骨盤を引き締めると、お尻の形がやや四角になり、太腿との段差も小さくなります。男性のお尻の形に近くなります。
 しかし、骨盤の開きはあくまで「程度の問題」です。
 実際の骨盤は人間の生理周期や体調、時間帯によって骨盤は開いたり閉じたりする状態を繰り返しています。ですから一概に「骨盤を閉めることは良いこと」とは断言できないのです。

 

骨盤の開きは悪いこと?

 骨盤の中には骨盤低筋群という大切なインナーマッスルが入っています。子宮や膀胱などの臓器を守り、その周辺の筋肉の動きがスムーズにすることは健康維持の面で大切なことです。
 適度な骨盤の開きは、内臓の活動を活発にして、女性のPMSの予防・改善にも影響があります。お風呂に浸かって体を温めたり、マッサージをしたあとに感じる心地良さは筋肉が適度にほぐれていて温かい心地良さを感じますよね。骨盤の筋肉にしなやかさがあれば、血流がよくなっていて循環・代謝が良くなるのです。

 逆に「骨盤が閉まっている」状態は筋肉の柔軟性が足りていません。例えば男性は正座が苦手だったり、太腿の横にふくらはぎをくっつけて座る「ぺたんこ座り(あひる座り)」ができなかったりしますよね。これは骨盤周辺の筋肉が固まってしまって柔軟性がないからです。筋肉と関節に柔軟性がないと、怪我をしやすくなったり、女性の場合は出産にも影響がでます。男性と比較すると女性は筋力が弱いので、骨盤の締りが冷え症やむくみ、生理痛などを悪化させてしまうことにも影響します。
 このように「骨盤が開いている」という状態は、必ずしも悪いことではないのです。

 

骨盤の歪みは左右の歪みだけではない

 かといって、骨盤の歪みが下半身太りに影響がないわけではありません。
 「骨盤の歪み」というと、骨盤の開きを考えてしまいがちですが、左右の歪みではなく「前後の歪み」が大きく関わっているのです。
 実は日本人には「骨盤前傾」している人が多いと言われています。
 骨盤前傾とは、どういう状態でしょうか。

 

骨盤前傾のチェック

1.お腹が張り出している(反り腰である)
2.太腿の裏側に筋肉が少なく、ぷよぷよとしている
3.お尻が垂れていたり、出っぱっている。または長方形型にお尻が横に広がっている
4.太腿の前側が固くて太く、張りがある
5.太腿の横側が張りでている
6.腰痛や尻のコリ、または背中の張り
7.内股ぎみである

 
 1.~7.に、半分以上当てはまる人は、骨盤前傾である可能性が高いです。
 なんと日本人女性の70%~80%位に骨盤前傾の傾向があるといわれています。
 どうして多くの女性は骨盤前傾になってしまうのでしょうか?

 

骨盤が前傾する理由

 原因は、個人差もありますが、骨盤周辺の筋肉がバランス悪くついてしまっていることにあります。
 骨盤前傾が起きている場合、腹筋・お尻の筋肉・ハムストリングス(太腿の筋肉)の力が弱く、筋肉が伸びている状態にあります。
 そして、腸骨筋(骨盤を前方に引っ張ろうとする筋肉)・太腿の表側の筋肉・太腿の側面部の筋肉・腰回りの筋肉が、弱い部分の筋力を補うために張り出てしまうのです。
 筋肉のバランスが悪いため、筋力の弱いお腹・お尻・太ももに脂肪が付きやすくなります。
 骨盤前傾には、腰が極端に反っている状態「反り腰」も関係しています。

 

反り腰のチェック

・裸足で、壁から踵を5cmほど離し、まっすぐに立ってみましょう。
→壁と腰の隙間に、手がすっぽりと入る人は「反り腰」の可能性があります。
・布団の上などで仰向けに横になった時、床と腰の間に手がすっぽりと入る場合も「反り腰」の傾向があります。

 
 つまり「下半身太り」には、食べ過ぎや運動不足以外に、骨の歪み・筋肉のバランスの悪さ・姿勢の悪さが複合的に関係してしまっているのです。そしてこの原因はどれも、原因をひとつひとつ改善していかないと、サイズダウンに繋がらないのです。

 

骨盤前傾・反り腰を改善する方法

 こんなにたくさんの原因があっては、どうしたらいいか困惑してしまいますよね。
 下半身痩せのために理想的な骨盤前傾・反り腰の改善方法を紹介します。

 
1.股関節のストレッチ、リンパ節を解して血流をよくし、柔軟性を取り戻す
2.筋力の弱い腹筋・ハムストリングスの筋トレをする
3.張り出てしまっている太腿の表側・横側の張りを解消するためにマッサージをしてよくほぐす

 
 骨盤矯正ベルトなどの製品もたくさんありますが、関節・筋肉の柔軟性を得て、弱っている筋肉を鍛えることでダイエット器具に頼らなくても改善することができます。
 ちなみに腹筋はとても薄く、努力してもなかなか代謝アップにつながらないことがあります。不足を補う為に、背筋や体幹を鍛えるとより一層効果的です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.