> >

ハムストリングのストレッチで脚痩せ・骨盤の歪みをケアする方法

むくみ取り
 
太ももの後ろ側には、3つの筋肉がついています。合わせてハムストリングスと呼ばれる筋肉で、脚を身体の後ろに伸ばし、膝を曲げる働きがあります。
日常的に使用頻度が多い太ももの前側に比べて、弱くなりやすい筋肉で、脂肪が溜まりやすい部分でもあります。

スポンサードリンク

 

骨盤の後傾対策にも太ももの後ろ側のストレッチを

極端に筋力が弱くなると、脂肪がつくだけでなく、前側の筋肉とのアンバランスが起こりやすく、ケガをしやすくなったり、下半身の動きが悪くなったりします。突然の運動で肉離れしやすい筋肉なので、運動をするのが久々という方は、特に入念にストレッチが必要となります。
十分な柔らかさがないと、骨盤を後ろに引っ張り、後屈が強くなります。
しっかりとストレッチをして、運動しやすい状態を保ちましょう。

ひどい猫背や、お尻のたるみ・太もも後ろ側のムチムチ感が気になる方は、骨盤の後傾が原因かもしれません。太ももの後ろ側のストレッチで、後傾気味の骨盤を正しい傾きにすることが、下半身太り改善の第一歩となります。

 

太ももの後ろ側のストレッチ 1

長座の姿勢になります。
つま先を天井に向けて、背筋を伸ばします。
そのまま、上体を前に倒していきます。
背中を丸めないように気をつけて、いけるところまで上体を倒したら、太ももの裏側の筋肉が伸びているのを意識して30秒間姿勢をキープします。
上体をゆっくり戻し、足首を90度にしたまま、つま先を外側に向けて、同じように上体を倒して30秒、つま先を内側に倒して30秒、それぞれ行います。

つま先を外・内と倒すことで、微妙に伸びる筋肉が変わり、太ももの後ろ側全体を伸ばすことができます。意識して行っていると、微妙な違いが分かるようになってきます。

 

太ももの後ろ側のストレッチ 2

仰向けで寝ます。
片方の脚の膝を伸ばしたまま持ち上げ、太ももの裏あたりを両手で持ちます。
なるべく胸に近づけるように、脚を引っ張り、できるところまで引き寄せたら、太ももの裏側の筋肉が伸びているのを意識して30秒姿勢をキープします。
ゆっくり脚を戻して、反対側も同様に行います。
脚を少し持ち上げただけで、強い痛みやしびれがある場合には、筋肉の硬さではなくヘルニアなどの病変が考えられますので、決して無理はしないように気をつけてください。

 
太ももの後ろ側は、傷つきやすい筋肉なので、反動をつけて無理に伸ばさないようにしましょう。ストレッチをしている間は、動作はゆっくりして呼吸を止めないように気をつけます。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.