> >

骨盤の歪みを矯正することで痩せられる理由~骨盤の構造と役割

腰
 
下半身ダイエットといえば、骨盤というワードを欠かすことはできません。骨盤が悪いから下半身が太るのだと考える人も多いのですが、骨盤について正しく知っていますか?

スポンサードリンク

 

骨盤の場所と役割

骨盤は、直腸や泌尿器、生殖器などの内臓を収め保護することと、下半身と上半身をつなぐという重要な役割を持った組織です。
骨盤と一言で言われることが多いですが、骨盤は大きな1つの骨ではありません。寛骨・仙骨・尾骨という3つの骨が合わさって骨盤ができています。それぞれの骨は、骨どうしがつながっている部分もあれば、関節が存在している場合もあります。関節部分は強固な靭帯でつながっているため、可動性はほとんどありません。

男性と女性で形が決定的に違っているため、骨盤の骨だけで性別を判断することが可能です。女性の方が横幅が広く、短い形をしているのが特徴です。妊娠・出産に適応するために形が違うのですが、こうした形の違いが女性に下半身太りが多い原因のひとつでもあります。また、O脚やX脚などの骨格異常や、股関節痛などの疾患が多い原因とも考えられます。

 

骨盤の特徴

骨盤は、前傾・後傾、拳上・下制、回旋など色々な方向に動かすことができます。しかし、運動中でも日常生活でも、骨盤の動きを理解して、自在に動かす事ができている人は少ないです。
また、単独で動いていることもほとんどありません。上半身と下半身をつなぐ役割をもっているため、つねに脊椎や股関節と連動して動いています。そうすることで、下半身の動きを上半身へと、上半身の動きを下半身へと伝えているのです。

 

体全体の要となる骨盤

そして、多くの部位の筋肉の付着部となっています。
代表的な筋肉は、腹部では、腹直筋(シックスパックと言われるお腹正面の筋肉)、背中では広背筋という腰から肩に走行する大きな筋肉がついています。特に下半身の筋肉は多くが股関節をまたいで骨盤についています。太ももは前側の大腿四頭筋、後ろ側のハムストリングス、内側の内転筋、お尻は大臀筋などの臀筋群・太ももの外側まで伸びる大腿筋膜張筋、といった多くの筋肉があげられます。
このそれぞれの筋肉が、それぞれ違った動きをするのです。
骨盤が、いかに複雑な全身の動きに関与しているか分かると思います。

 
このように、全身の運動の中心となる部分であるからこそ、骨盤は欠かすことができないのです。骨盤が悪いというのは、骨盤を正しく動かす事ができていない状態であるといえます。骨盤を正しく動かし、全身との連動性を高めることができれば、下半身太りの原因を取り除くことができるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.