> >

正座からはじめる「つまさきたち運動」1日3セットでむくみに強いふくらはぎになろう

足痩せ

 

ダイエットしたい、細くなりたいと言う女性に、ではどこを細くしたいのかと聞いてみると、半数以上の人が脚が気になると答えるようです。

スポンサードリンク

 

 

誰もが欲しいメリハリ!

これは個人差があるとは思うのですが、ただ痩せるだけではなく、細くなりたい部位というものがありますね。出るところは出る、ひっこむところはひっこむと言うように何事もメリハリが大切です。

 
また、冬の間はスカートを履いていても、黒など色つきのパンストなどを履いたりするので陰影もあったりして細く見えたりしますのであまり脚の太さを感じずにすむ場合もありますが、夏場はそういうわけにもいかず脚の太さをなかなか隠せませんよね。
お腹周りや二の腕なんかは少々太くても洋服でなんとか隠すことが可能ですが、脚は隠しにくく、結構太さが外からはっきりとわかってしまう部分だからかもしれませんね。

 

 

日本人に多い下半身ぽっちゃり

水着を着る季節なんかは、特に脚が気になると言う女性が多いようです。
ダイエットをしていても、なかなか痩せるのが難しい部位である下半身。
特に日本人は欧米人と比べますと、洋ナシ型の下半身がぽっちゃりした方が多いようですね。
立ち仕事の人は重力で水分が下にいってしまいむくみがちですし、デスクワークで足をあまり動かさない人もリンパの流れも悪くなりむくみがちな人が多いようです。

 
歩くことが体には良いことはわかっていますが、なかなかこの暑い中外をウォーキングするのは大変ですね。

 

 

足を引き締めるヨガのポーズ

足首や太ももなど、スカートを履いた時に隠せない脚の部分をひきしめて補足する効果の期待できるヨガのポーズをご紹介したいと思います。

まずは、正座をしてみましょう。
そしてゆっくりとつまさきを立てて行きます。この時お尻はかかとの上に乗せておきましょう。次に息を吸いながらゆっくりと両手を前に伸ばしていきます。そして肩の高さになるまで上げていきます。

 
息を吐きながら、あげたかかとを床におろします。手は肩の高さに上げた状態でキープしましょう。

 
この姿勢で10秒キープしましょう。

 
次に息を吸いながらこの姿勢から再びかかとを上げていき、つま先立ちになります。

 
体の前に両手を上げていたのを、飛行機の羽のように横に持っていきましょう。この姿勢で10秒キープしましょう。

この一連の動作を毎日3セットしてみて下さい。
最初慣れない間は、グラグラしてしまう可能性がありますが段々と毎日続けることによって慣れて行きます。
そしてふと気が付いたときには、あれ、何だか脚が細くなってないかしら。と思うようになるかもしれませんね。
何事も継続が大切です。頑張りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.