> >

美しい歩き方は美しい脚を作る!正しい姿勢と歩き方のポイントとは?

ウォーキング
毎日の通勤や通学、買い物に行く際の徒歩の時間を利用するだけで、驚く程に脚が細く美しくなる方法があります。毎日必ず自宅にいる時でも歩くことは、あるかと思います。その歩く際の”歩き方”をひと工夫すれば、普段通りの歩き方が”脚が細くなる歩き方”に変わるのです。

スポンサードリンク

 
またこの歩き方でウォーキングをすれば、結果は更に良い方向になるでしょう。

 

悪い歩き方を続ける弊害

まず”悪い歩き方”があることを覚えておきましょう。悪い歩き方を続けた場合、背骨や背筋が歪んでしまい、結果的に骨盤をゆがませてしまうことがあります。骨盤が歪んでしまうとカラダ全体が冷えやすく、血流・血行が悪くなってしまいます。また悪い歩き方でもある、間違えた歩き方を続けてしまうと、歩く際に骨盤が廻る癖がつきやすくなってしまう他、内股になりやすくなり、お尻の筋肉が弱くなってしまうことがあります。お尻の筋肉が弱くなってしまうと、太もも全体が太くなりやすくなります。

このような悪い歩き方、間違えた歩き方を行ってしまい、骨盤が歪んでしまっている人の場合、ヒールや靴のかかとがいつも同じ箇所ばかり減りやすくなってしまうことや雨の日などに水たまりをはね上げてしまうこと、平面でもつまずきやすく、立っている際に同じ方の脚にばかり重心がかかってしまうことなどの癖がついてしまいます。

この他にもヒップの位置が下がってしまう可能性やO脚・X脚になってしまう場合もあり、全体的なスタイルも悪くなってしまいます。このようなことを避けるためにもまずは、正しい歩き方を身につけましょう。

 

正しい歩き方は正しい姿勢から

正しい歩き方をするのに大切なポイントは、歩く前のフォームとなる姿勢です。壁に背を当て背筋を伸ばし、足のかかとやふくらはぎ、お尻など背中に面するパーツが全て壁にきちんと当たるようにして垂直に立ちましょう。この際にウエストのあたりに手を拳にして、グーがはいる程度の隙間ができるようにしましょう。そしてカラダ全体の重心が足のくるぶしの下あたりにくることを理想としましょう。

 

どんな歩き方が正しい歩き方?

このフォームを整えたら、あとは歩くだけです。歩き方のポイントは、早足でリズミカルに腕を振ることを意識して、脂肪を燃焼させることを意識しながら歩きましょう。また歩く際は、フォームとなる姿勢・重心を忘れずに姿勢を正して歩くことが重要です。そしてストレッチする感覚で太ももの裏をしっかりと伸ばし大股で歩くようにしましょう。この歩き方をマスターできれば、脚を細くすることも可能となります。正しい歩き方で歩いてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.