> >

仕事中もちゃっかりダイエット。座ったままできる下半身エクササイズを習慣に

エクササイズ

 

「仕事中にエクササイズなんて…」と思われるかもしれませんが、ちょっとしたコツを掴めば、仕事に集中しながら(←ここが大切)身体を鍛えることができます。
今回は二の腕、お腹、足とダイエッターが気になる部位を仕事中に引き締める方法をご紹介します。

スポンサードリンク

 

 

デスクに座ったまま二の腕が細くなる方法

まずはデスクに座ったまま二の腕を細くする方法をご紹介します。必要なのはデスクと椅子だけで特に道具などは必要ありませんので、お勧めです。

 
(1)手のひらを上に向けてデスクの上に置きます。

 
(2)手の甲でデスクを押し付けるようにして力を入れます。

(注)この時、ワキを占めて上腕三頭筋と肩甲骨に力が入っているのを意識します。
(注)猫背になっていると、肩甲骨から力を入れることができませんので、背筋は伸ばしてください。

 

椅子に座ったままポッコリお腹を改善

特別暴飲暴食をしていないのに、お腹のポッコリが気になる、という人も少なくないのではないでしょうか。そこで、仕事をしながらポッコリお腹を改善するエクササイズをご紹介します。
やはり必要なものは椅子だけというお手軽エクササイズです。

(1)椅子に浅く腰掛けます。

 
(2)下腹に力を入れながらユックリと足を上に上げます。

 
(3)左右それぞれ10回を3セットずつ行いましょう。

(注)腰を反ってしまうと、腰に負担がかかってしまうので注意が必要です。
(注)周囲からエクササイズをしているのが、直ぐわかるのでできれば机の下で行いましょう。

 

デスクの下で脚痩せも

デスクワークの多い方の場合「運動不足」に悩まれる方も多いのではないでしょうか。そのため、「足がむくむ」というような悩みを抱かれている方も少なくありません。そこでお勧めなのが、足のエクササイズです。やはり必要なのは椅子と隠すための机です。

 

(1)足を組まない

仕事中、足を組まれている方は多いのではないでしょうか。足が密着しているように見えますが、実は内股の血行が悪くなってしまい、むくみの原因となってしまいます。姿勢を正して、内ももをピッタリとくっつけてみましょう。慣れると自然と綺麗な姿勢を維持できるようになります。

 

(2)かかとを上げて下げる

内ももをピッタリくっつけたら、正しい姿勢のままかかとを上下に動かしてみましょう。ふくらはぎと太ももの前の筋肉を鍛えることができます。上下10回を1セットとして、1日3セット行いましょう。

 

(3)つま先を上げて下げる

(2)のエクササイズが終わったら、かかとではなく、つま先を上げ下ろししましょう。両足同時に行うのは難しいという方も多いのではないでしょうか。やはりつま先も上下10回1セットとして1日3セットを目標にしましょう。

 
ちょっとした工夫でオフィスの仕事の時間をエクササイズの時間に変えることができます。ぜひ今回の記事を参考にして、全身スッキリとした体を手に入れてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.