> >

着地はかかと、つま先を蹴って足を出す!足痩せのためのウォーキング法を詳しくご紹介

足痩せウォーキング

 

脚痩せダイエットをする際、綺麗な脚に見えることがとても重要なポイントです。
脚に筋肉をつけすぎてしまうと、ゴツゴツした脚に見えてしまいますし、細いというよりも太い印象に見えてしまいます。

 
程よい筋肉と脂肪のバランスが美しく見える脚を作り上げるので、運動して鍛えることも必要ですが、適度な運動をすることがポイントとなります。

スポンサードリンク

 

 

ウォーキングは足痩せにもオススメ!

脚痩せダイエットでお勧めしたいのがウォーキングです。
ウォーキングもただ歩くだけではなく、脚痩せダイエットで効果のある方法はまず歩幅を大きく保つこと。
そしてその歩幅を意識することが必要です。

 

歩幅に注意して歩きましょう

歩くことに集中してしまうと早歩きになり、歩幅もどんどん小さくなっていきます。
そうなってしまうとウォーキングの意味がありません。少し足に負荷をかけるように、歩幅をいつもより大きくとりなが
 らやると効果的です。

しかし、どの位という目安がないのが歩幅です。
普段歩いている歩幅より、少し大きくすると良いと思います。
歩幅を大きくとると、腰への負担も大きくなりやすいので、腰が辛いと感じたら、歩幅を戻してください。

 

 

腕は肩から動かすように

そして、背筋を伸ばし、腰の位置が上下に揺れないように歩いてください。
手はひじを曲げ、肩から腕を動かすような感じで大きめに、リズミカルに動かしてください。
歩く時は膝はできるだけ曲げないようにし、腰から前に運ぶような感じで歩いてください。

 

 

ウォーキング時の基本の歩き方

この中でも、一番重要なのが、歩き方です。
まず、かかとからしっかりと着地してください。脚全体ではなく、必ずかかとから着地します。
その後、指を靴の中で広げ、しっかりと地面に足裏全体を付けた後、つま先で地面を蹴りだすようにします。

 
この歩き方をよく意識してみてください。
ただウォーキングするだけですが、意識していくだけで、筋肉の使い方が変わってきます。

 
絶対的に守るルールとは違いますが、正しい歩き方に近づけるようにしてもらえれば十分です。
悪い歩き方でウォーキングをしてしまうと、後々、背骨や背筋、骨盤などの歪みが生じ、ダイエットしていても痩せないというような問題になり兼ねるので、注意が必要です。

 

 

足痩せウォーキングは1時間続けることが大切

また、脚痩せダイエットを目的としたウォーキングでは、1時間くらいを目安に行うと効果的です。
ウォーキングのような有酸素運動では、始めてから20分以降に脂肪が燃焼し始めます。
20分以内に終わってしまうとただ歩いたという状態となり、脂肪燃焼には効果はありません。

 
できれば毎日ウォーキングの時間を作ると、脚痩せダイエットに繋がりやすくなりますが、
1時間というウォーキングの時間となるので、日ごろの運動不足を解消する目的で、時間のあるとき、せめて週に1回続けると少しづつ効果が出てきます。

 
なかなか難しいかもしれませんが、苦しい運動ではないので、気楽に始められるのではないでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.