> >

足痩せは太もも痩せから!太ももを締めるエクササイズで足全体の見た目を変えよう

足痩せエクササイズ

 

脚痩せダイエットをする場合、パーツごとに分かれてしまうため、一気に痩せることが難しい部分ではありますが、脚全体が痩せればかなりスタイルが良く見える部分なので、ダイエットのやりがいがある部分と言えます。
しかしながら、ダイエットを目的として運動したのに、筋肉がついてしまい、脚が余計に太くなってしまうなんて事もあるので、脚痩せダイエットの場合は注意が必要となります。
適度に筋肉をつけ、美しい脚を作るには正しい方法でダイエットをしなくてはいけません。

スポンサードリンク

 

 

内ももを引き締めます

その方法として、まずは太ももの内側のエクササイズをします。
左側が下になるように横向きに寝て、左足は横に伸ばしたまま、右足を左足の前に出し、左足の膝の前で立てます。
左ひじを肩の下に立て、頭を支えます。
そして、下になっている左足をゆっくり3秒くらいかけて上に持ち上げます。
左ひざの裏が伸びるように足首を天井に向け3秒くらいその体勢をキープしますこの時にゆっくり呼吸してください。
その後、左足を床に下ろしますが、この時は足を床から少し浮かせた状態で下してください。その状態で3秒くらいキープします。

 
要約として、3秒かけて足を上げ、その場で3秒キープ、ゆっくり足を下ろし床から少し話した状態で3秒キープとなります。
これを1セットとして10回位を目安に行って下さい。また、左足が終わったら、右足も同様に行って下さい。

 

 

太ももの前と後ろのエクササイズ

次に太ももの前と後ろ側のエクササイズです。その方法として、左側を下にして横向きに寝て、下の腕に頭を乗せます。上の腕は胸の前に手の平を床に置くように添えてください。
左足は真っ直ぐ伸ばし、右足はつま先を伸ばした状態で垂直に上げていきます。
この時、右足と左足が直角になるように開いてください。
この状態で3秒キープし、次に右足のかかとを突き出すように3秒時間をかけながら足を下に下ろします。
これを10回繰り返してください。右足を上に10回上げたら、同様に左足も行って下さい。

 

 

太ももの外側もしっかり締めます

次は太ももの横の部分のエクササイズです。
方法として、左側を下にして横向きに寝て、肩の下に肘をつき、上体を起こし、両足を真っ直ぐ横に伸ばした状態から右足を骨盤の幅に広げます。
そして、その右足を斜め45度後ろに引いてください。3秒時間をかけながら右足を垂直に上に上げ、上げたところで3秒キープします。
その後ゆっくり足を下ろします。これを10回行って下さい。

 
太もものエクササイズは回数をこなすのではなく、ゆっくりとした動きがポイントとなります。きつく感じることが多いエクササイズですが、効果はありますので、無理せずゆっくりと行って下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.